とびっきりの洗顔石鹸口コミ情報を発見!

洗顔石鹸の口コミガイド~トラブル肌の味方選び

肌がとことん弱くても、優しく包み込んでくれる洗顔料を探して

洗顔石鹸を真剣に選ぶ-HOME » 自然派・無添加はどこまで良いのか » 洗顔後の肌に残るもの

洗顔後の肌に残るもの

洗顔料は洗い落とせない?

「洗顔ですすぐ時は、顔に石鹸が残らないように良くすすぐのがポイントです。」

洗顔のコツとして、こんなことを聞いたことはありませんか?

わたしも良くすすげば石鹸は完全に洗い落とせると思っていました。

ところが!

洗い流すものという前提でつくられている石鹸ですが、どうやら完全に残らないということはないようなのです!

洗顔をしている中で、石鹸成分は皮膚表面に残りますし、微量ですが肌の中にも浸透してしまいます。

ですので、石鹸成分が完全に肌に残らないということは、ほぼありえないことらしいのです。

この情報は、敏感肌のわたしにとって本当にびっくりの話でした。

また、肌に残ることを前提につくられる化粧水などの化粧品に比べ、残らないことを前提につくられる石鹸は、安全に対する基準があまいともいわれているようです。

石鹸は洗い流せる、ということを前提につくられているので、当然石鹸成分の中には肌に残るには難ありの成分が含まれていても不思議ではありません。

今までそんなこと考えてもいなかったので、これは本当に怖いと感じた情報でした。

キャリーオーバー成分など、悪いものに限ってしぶとく残りそうですものね。

 

逆転の発想

ところが、最近では逆転の発想で、肌に残ることを前提につくられた石鹸、というのも出てきました!

これにアンチエイジングや保湿ブームなどが手伝って、石鹸成分の中に保湿成分を加え「洗顔で保湿」をコンセプトにした商品も、徐々にですが登場し始めています。

すすぎのし過ぎは、肌に必要な油分まで取り除いてしまい、敏感肌にとってはあまり好ましいことではありません。

すすぎに神経質にならなくても大丈夫なこうした石鹸の登場は、本当に心強い限りです。

 

保湿成分の他にも、ミネラルやビタミンなど、肌に栄養を与える目的の成分も含まれるようになってきています。

こうなってくると、洗顔後のケアをあわてなくても肌がつっぱっていくことは少なくなるでしょう。

よりゆとりのあるリラックスタイムを築けそうですよね。

 これからの洗顔石鹸は、単に汚れを落とすだけでなく肌の状態を良くするケア製品としても大いに期待できそうです。

良いものがたくさんでてくると、また選ぶのに迷っちゃいそうですけど…。

 「石鹸は肌に残るもの」

この視点を持つだけでも、迷いは小さくなりそうです。

みなさんもこの情報を念頭に、石鹸選びをしてみてください。

>>> 敏感肌の管理人の体験レポートはこちら

無添加石鹸BLOG
 
ページの先頭へ
copyright © 洗顔石鹸の口コミガイド~トラブル肌の味方選び All Rights Reserved.