とびっきりの洗顔石鹸口コミ情報を発見!

洗顔石鹸の口コミガイド~トラブル肌の味方選び

肌がとことん弱くても、優しく包み込んでくれる洗顔料を探して

洗顔石鹸を真剣に選ぶ-HOME » 自然派・無添加はどこまで良いのか » 気をつけたい!添加物

気をつけたい!添加物

添加物=化学物質

今までわたしは、添加物について悪いもの、というイメージしか持っていませんでした。

そうなんです、添加物とはどういうものを指すのか、しっかりとは理解していなかったんです。

トラブル続きですっかり敏感肌になってしまった自分のお肌のために、良いものを選びたいと思ったらきちんと理解しないといけないですよね。

そこでまず、添加物とは何者か調べることにしました。

「添加」の意味は、「後から加える」ということです。

つまり「添加物」というのは、「後から加えられた物」という意味になります。

 

製品の製造過程で、製品の発色を良くしたり品質を長持ちさせるために後から着色料防腐剤などの化学物質を加える場合があります。

この後から加えられる化学物質のことを、「添加物」というのです。

もちろん「添加物」は化学物質ですから、自然に分解されるこは期待できません。

肌もそうですが体にとっても決して良いものではありませんし、環境にも悪影響を及ぼす可能性さえも秘めています。

ましてやアトピー性皮膚炎など、刺激に対し強い反応をしてしまう肌の方は絶対近づいてほしくないものです。

敏感でトラブルを起こしやすい肌の方はもちろんですが、健康な肌の方にとっても避けたい成分だということには間違いありません。

>>> 敏感肌の管理人の体験レポートはこちら

 

実は発見しにくい添加物

さて、添加物とは化学物質のことであって、お肌にはとても良くないことは理解できました。

洗顔石鹸などを選ぶ場合は、添加物が含まれていない「無添加」の商品を求めた方がよさそうです。

でも、ちょっと待ってください。

確かに成分表示には、添加物が記載されていないのに、実は隠されている場合があるのです!

それはキャリーオーバー成分(持ち越された化学物質成分)。

現在の薬事法では「化粧石鹸中の配合量では効能効果を発揮しない成分(キャリーオーバー)等については、その表示を省略することができる」とあるのです。

つまり、製造過程ではなく原料に既に防腐剤などの化学物質が含まれていた場合、この添加物については成分表示を省略できるのです。

これは原料となる植物や作物を育成するときに使用される、肥料堆肥などに含まれていた場合も同様です。

化学物質というのは、自然に分解されることがなく次から次へと持ち越されていきます

原料に既に化学物質が含まれていた場合は、製品になった時に成分表記されないので、実際手にとって使用するわたしたちには発見できないのです。

本気で無添加の自然派商品を求めるならば、「ノンキャリーオーバー」というのが一つのキーワードです。

製品選びの際には、ぜひチェックしてみてくださいね。

  

無添加石鹸BLOG
 
ページの先頭へ
copyright © 洗顔石鹸の口コミガイド~トラブル肌の味方選び All Rights Reserved.