とびっきりの洗顔石鹸口コミ情報を発見!

洗顔石鹸の口コミガイド~トラブル肌の味方選び

肌がとことん弱くても、優しく包み込んでくれる洗顔料を探して

洗顔石鹸を真剣に選ぶ-HOME » お肌にやさしい洗顔石鹸選び » 基礎化粧の基本は洗顔

基礎化粧の基本は洗顔

肌にやさしく汚れを落とす、それって可能?

お肌は汗やほこりで日々汚れています。

それに女性の場合、お化粧をして日中を過ごしますので、一日の終わりはすっきりきれいな素肌に戻りたいですよね。

余分な脂や皮脂汚れが肌に残っていると、肌トラブルのもとですし化粧水や美容液などの効果も期待できなくなってしまうのです。

洗顔はお肌のケアの基本中の基本。

できれば汚れはきれいさっぱり取り除きたいですよね。

でも敏感肌やトラブル肌にとって、洗顔もしすぎると刺激となって大変なことに!

わたしもジプシー生活中、洗浄力の強いスクラブ成分の入った洗顔料を使ったことがあるのですが、洗顔後に肌が赤くなってしまってびっくりした経験があります。

でもあまりやさしいものだと、化粧水をつける段階でまだコットンにファンデーションの汚れがついてきたり…。

「洗浄力は保ちつつ肌にもやさしいといった洗顔石鹸はないものだろうか?」

なんだか大きなジレンマにぶつかってしまったような感じて、石鹸探しを続けていました。

ところが最近、保湿に重点を置いた商品がたくさん出てきて、クレンジング剤や洗顔石鹸にも保湿成分が含まれているものが多く販売されるようになりました。

この情報は、ジレンマに悩んでいたわたしにはまさに朗報といえるものでした。

 >>> 敏感肌の管理人の体験レポートはこちら

洗顔の方法でも違いが

 洗顔石鹸を選択するのは、もちろん弱い肌をやさしく洗い上げるためには大切な行程です。

でも、いくら成分的には良い洗顔石鹸を選んでも、洗顔方法が間違っていると結果的に肌を傷つけてしまうことがあるのです。

 

 ここでちょっと、肌にやさしい洗顔方法について触れたいと思います。

まず一番にやってはいけないことは、クレンジングや洗顔の時に汚れを落とそうと肌をごしごしこすってしまうこと

力を入れて肌をこすってしまっては、角質層をいたずらに傷つける結果になり、肌のバリア機能を損ね乾燥などのトラブルのもとになってしまいます。

同じ理由でブラシやスポンジを使うのも避けた方が賢明です。

あくまでもやさしく、やわらかくが肌のためには大切なことなのです。

メイクを落とすときは、クレンジング剤を手にとり人肌で温めてから顔に伸ばしていきましょう。

冷たいままですと、毛穴が縮んだ状態のままクレンジングをすることになり、、毛穴の奥の汚れまでは落とせなくなってしまいます。

洗顔の時も同様で、洗顔前にホットタオルなどで顔を温め毛穴を開いた状態にしてからおこなうのがベストです。

時間がない時はぬるま湯で2・3回顔をすすいでから洗顔してもよいでしょう。

時間があるようでしたら、お湯をはった洗面器に頭からタオルをかぶって顔を近付け、洗面器のお湯のスチーム効果で毛穴を開くという方法もおすすめです。

スチームの効果で肌の保湿には最適ですし、お湯に1・2滴好みのアロマオイルを垂らせば、とってもリラックスできます。

温めることで毛穴を開かせたら、洗顔料の泡で優しく顔をくるむように泡洗顔してあげましょう。

泡は細かくもっちりした状態が理想です。

その後はやはりぬるま湯で、ゆっくりすすいでいきましょう。

洗い上がりは、ほんの少しつっぱるような感じがあるのが、きっちりと汚れが落ちたサインだそうです。

もちろんつっぱり感がつよかったり、赤みがでてヒリヒリするようでしたら、洗顔料または洗顔の仕方が強すぎます。

気をつけましょうね!

無添加石鹸BLOG
 
ページの先頭へ
copyright © 洗顔石鹸の口コミガイド~トラブル肌の味方選び All Rights Reserved.