とびっきりの洗顔石鹸口コミ情報を発見!

洗顔石鹸の口コミガイド~トラブル肌の味方選び

肌がとことん弱くても、優しく包み込んでくれる洗顔料を探して

洗顔石鹸を真剣に選ぶ-HOME » お肌にやさしい洗顔石鹸選び » どんな洗顔石鹸があるの?

どんな洗顔石鹸があるの?

洗顔石鹸のタイプ

石鹸ジプシーでもあったわたし、けっこういろんなタイプの洗顔石鹸を使用してきました。

ここでは、洗顔石鹸の種類やタイプを紹介していきたいと思います。

 

  •  固形石鹸 

石鹸というと、洗面所に石鹸置きにおかれた固形石鹸を想像する人も多いのでは?

さっぱりからしっとりまで、様々な肌タイプに対応したものがあります。

使用は、水分を含ませた固形石鹸を手の中で泡立てて洗顔などに使います。

ただ、この泡立てがちょっと難しくて、面倒くさい。

そんな人には泡立てネットなど、最近では石鹸を泡立てるのにお役立ちアイテムがたくさん出ていますので、利用すると便利ですよ。

理想的な泡が割と簡単につくれてしまいます。

かわいいものもたくさん出ているので、店頭で選ぶのも楽しいですよね。

  •  フォームタイプ 

クリーム状の洗顔料がチューブに入っているものが大半ですよね。

もしかしたら、化粧品売り場やドラッグストアなどのお店で、洗顔料としては一番多く見かけるタイプではないでしょうか。

商品種類も多く、色々な肌タイプに対応したものが販売されています。

こちらも固形石鹸と同じで、手のひらに適量の洗顔料を出し、泡だてて使用します。

泡立ては、固形石鹸よりはやりやすいと思いますが、やはり面倒くさい方は泡立てグッズを利用することをおすすめします。

洗浄力の強いスクラブ成分の入ったものもありますので、敏感肌の方は選ぶ際にはご注意ください。

  •  ジェルタイプ 

 こちらは透明なジェルタイプの洗顔料です。

ジェルが皮脂などの汚れを吸着して、落とすといったタイプのもので、洗い上がりのツッパリ感が比較的少ないのが特徴です。

スクラブ成分がないので、肌にやさしい洗顔料といえますが、やはりこすりすぎには気をつけた方がよさそうです。

つい、ゴシゴシと汚れを落とそうと顔をこすってしまいそうになりますが、泡洗顔と同じであくまで優しく・が基本ですよ!

  •  ムースタイプ 

面倒くさがりさんにはおすすめの、泡タイプの洗顔料です。

ポンプをプッシュすると、洗顔に適した泡がでてくるので、それを適量手のひらにとり直接顔にのせていきます。

あとはやさしく泡洗顔をしてあげましょう。

こちらも最近ビオレなどから保湿効果の高いものも販売されていますので、要チェックだと思いますよ。

  •  パウダータイプ 

これは粉末状の洗顔料です。

これも適量手にとって泡立てて使用するのですが、わたしはこのタイプが一番泡立てにくかったです…。

泡立てネットの利用をおすすめします。

けっこう自然成分のものも多く、それとちょっと変わった感じのタイプのものもあるので、よく成分など読んでから選ぶといいかもしれません。

 


このように洗顔石鹸もたくさんの種類があります。

それぞれ「敏感肌用」「低刺激」といった肌タイプ別商品も多数販売されています。

使用感も含めて、自分の肌や好みに合ったものを選んでみてください。

わたしの現在のお気に入りは、固形タイプの洗顔石鹸ですが、皆さんはどのタイプのものがお好みでしょうか?

 >>> 敏感肌の管理人の体験レポートはこちら

無添加石鹸BLOG
 
ページの先頭へ
copyright © 洗顔石鹸の口コミガイド~トラブル肌の味方選び All Rights Reserved.